【新高3.2生向け】高1.2生の過ごし方① | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 1月 4日 【新高3.2生向け】高1.2生の過ごし方①

こんにちは!担任助手の瀬良です。
本日は高1.2生の過ごし方第1弾ということで
私の経験も含めご紹介したいと思います!

いきなりですが高1.2生のみなさんは受験に対してどう考えているでしょうか。
「受験はまだ先のことだし、今の私にはあまり関係ない…」
と考えている人は少なくないと思います。
しかしそんなことはありません!
センター試験も高校2年生までに学んだ範囲で十分解ける問題もあるし、
3年生の勉強はそれが基本となっているんです!
逆に言えば、高1,2年生で学んだ基礎ができていないと
センター試験はおろか3年生の勉強にもついていけなくなるんです。

つまり少なくとも高1,2生の段階で基礎を固めなければならないんです!!

高3生になって
「受験学年だから1,2年生のときにやった範囲を一から勉強しなおして基礎を固めよう」
と思っているのなら、それは”時すでに遅し”です。

勉強のスタートダッシュが早いほど志望校合格の割合が高いのはデータでも証明されています。
スタートダッシュが早いと基礎の完成が早くおわる。
そうするとより発展的な内容や志望校対策の時間がたっぷりととれ、
合格に近づくのです!

なんでこんなにも言うのかというとこれらはわたしの経験談だからです。
3年生になるちょっと前に塾に通い始めましたが
もうその時点で周りは基礎が完成している生徒が多く、焦りしか感じませんでした。

わたしはもっと早くから始めるべきだったと痛感しましたが
過ぎ去ってしまった時間はもう一生取り戻すことはできません。
だからと言ってわたしは部活はやらない方がいいなど全く言うつもりはありません。
むしろ部活などはやるべきです!!
その中で勉強との兼ね合いを考えながら一度しかない高校生活を大いに楽しむのが最高ですよね!!

ここで注意すべきなのは
急がば回れということわざの通り、焦ったからといっていきなり「○○大対策」とかやっても 全然わからないし、難しい問題をたくさんやってもそれは全く意味のないものになってしまうということです。
「基礎なんかやってる時間ない」
と思っていても、結局は基礎をガッツリ固めてから演習に移る方が近道なんですよ。

ピラミッドの一番下の面積が小さく弱いのに、上に重いものをのせてものっかりませんよね
このことと同じなんです。

だから今は基礎、基礎、基礎!!!
基礎の徹底を第一に勉強を進めてみてはどうですか(^^)
では次回の高1,2生の過ごし方もお楽しみに!