【高1・2生向け】今回の模試の活用法 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 10月 28日 【高1・2生向け】今回の模試の活用法

こんにちは!担任助手の林です。

昨日は全国統一高校生テストがありましたね!
昨日のブログにもある通り、模試を受験して終わり。ではなく復習をする事が何より大切ですからね!
どう復習をするのか書いてあるので是非参考にしてください(^-^)

さて、今回は高1・2生向けということですが高1・2生は今回の模試をどう活用すべきかを紹介したいと思います。
もちろん全学年の共通事項として、模試は現時点での実力を測り、また弱点を見出すことで今後の学習に生かしていくことが大切です。
このことは前提として高1・2生にオススメなのは、この模試を「きっかけ」とすることです。

それでは何のきっかけかというと、「受験勉強に本格的にスタートする」きっかけです!
これまでも意識高く勉強に励んできた生徒はとても多いですが、中には「受験はまだ先の話」だとか
「とりあえず学校の試験対策に」などのような気持ちで勉強をしてきた方もいるのではないでしょうか?
少なくとも私が高1・2生であった頃は、そう感じていました。
実際私が大学受験を意識し始めたのは高2の終わりだったのですが、今振り返ると遅すぎだと感じますし、
早ければ早いほどよかったと思っています。

なぜ受験を意識するかしないかで差が出るのか考えてみたのですが、
何より勉強の量も質もケタ違いに変わるからではないでしょうか。
「目先のテストのため」だと意識しながら勉強をやるといまいちやる気も起きません。
しかし自分の将来に関わる大学受験のためと意識するとどうでしょうか?
おのずと勉強がはかどる理由も分かりますよね。

今回の模試で納得のいく点数が取れた人はきっとわずかだと思います(*-*)
「このままではまずいな…」と感じた人はすぐに動き始めましょう!
「まだいまいち意識できない…」という人は、
まずは自分が本当に行きたい大学を探すことから始めるのも良いかもしれませんね!

誰でも何かを始めるまではとても遅いですが、始めてからは意外と速く感じるものです。
「始めたその時点で全体の半分は終わっているようなものだ」という言い回しもあるぐらいです。
高1・2生はぜひ参考にしてくださいね(^^)
これから皆さんが変わっていく姿に期待しています!!

以上