【番外編】 夏休み直前期の過ごし方 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 6月 25日 【番外編】 夏休み直前期の過ごし方

こんにちは!
担任助手4年の高橋和希です!

ついに明日は

センター試験本番レベル模試

ですね!!
高校3年生は外部会場で、本番に近い雰囲気で
模試に取り組むことが出来る貴重な機会です。

高校2年生、1年生にとっては
今の実力を把握し、未来のなりたい自分との隔たりを知ること
が出来る機会となります。

体調を整えて、全力で挑んでくださいね!!

 

さて、今回は

夏休み直前期の過ごし方

 

についてお話ししたいと思います!

夏休みは

受験の天王山

と言われるほど、重要な期間です。
この間にどれだけ学習時間を確保し、学力を伸ばせるかが
第一志望合格に大きくかかわります。

仮に1日12時間勉強すれば、それが40日間続くので

12×40=600時間

という、勉強時間を確保することが出来ます。
夏休み前と後でセンター試験の得点が200点以上伸びる人もいます。

夏休みは大逆転を起こすチャンスでもあるのです。

ですが、もし明日から

「朝7時から夜19時までの12時間
毎日勉強してね!」

と言われたら、
その通りに実行できますか?

少なくとも受験生時代の私には無理だったと思います。
突然毎日12時間以上勉強しようとしていたら、
おそらく体調を崩していたことでしょう。

 

ですが、私は受験生時代の夏休みは、毎日朝7時から夜20時まで
欠かさず勉強することができました。

同じ校舎の仲間(ライバル)の多くも同じような生活をしていたと思います。

なぜ毎日12時間勉強ができたのかというと、

夏休みに入る前から、時間をかけて
徐々にペースを作っていったため

だと思います。
「夜型だった生活を朝型に変える」
「東進に行った日は必ず閉館まで残る」
「通学時間を使って単語帳に取り組む」
「朝ごはんをしっかり食べる」

こういったひとつひとつのことを
夏休み前の2~3週間を使って少しずつ準備していきました。

 

その結果、しっかりと助走をした状態で夏休みを迎えることが出来ました。

今日は6月25日です。

夏休みまで約3週間です。

皆さんは夏休みに向けて準備は進められているでしょうか?

明日の模試の結果や定期テストも参考にしながら、
着実に準備を進めていってくださいね!

 

↓興味のある方は下記画像をクリック!↓