【東進生必見⑧】試験で頭が真っ白になったときの対処法Ⅲ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2019年 8月 19日 【東進生必見⑧】試験で頭が真っ白になったときの対処法Ⅲ

東進生必見⑧】

試験中に頭が真っ白になったときの対処法

今回は試験中に頭が真っ白になったときの対処法を伝授します。

私たちは、脳の短期記憶のワーキングメモリーを使用して問題を解いています。これにより、私たちは読んだ文章の内容を一時的に記憶しています。

しかし、緊張して頭が真っ白になると、脳の短期記憶のワーキングメモリが焦りで埋まってしまいます。

脳のワーキングメモリーが焦りで埋まってしまい、正確に問題文を読むことができなくなってしまうのです。

これが、頭が真っ白になってしまう原因です。

さて、試験中にそうなったらどうするか?

まず、問題用紙を閉じて、不安を表紙に書きましょう。5分くらい時間をつかっても構いません。

紙に書くと、不安になっている自分を客観視しやすくなります。不安になっている自分を分析して、改善策を考えてください。

【例】

この問題は難しい。ここは見切りをつけて、次の大問に進むべきだ。

この問題はみんなできないだろう。自分も見切りをつけて次に進もう。

この大問は時間を使いすぎた。しかし、いつもの過去問演習では、5分余らせるようにしているから、帳尻があうだろう。

今回の試験は、過去問より明らかに難しい。なら、とことこ試験を楽しんでやる。

 

このように、自分を客観視して、現状を分析し、改善策を考えましょう。結論はプラス思考にもっていき、いつも通りの自分の頭を取り戻してください!

事前に対策方法を知っておくだけで、大きな武器となります。

今までのブログの内容を頭の片隅に入れて、試験に臨んでください!

応援しています!