【新高3.2生向け】東進オススメ活用法② | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 1月 6日 【新高3.2生向け】東進オススメ活用法②

私が東進生だった時に本当に良かったと思うコンテンツをお教えします。
東進のいいところは高速学習にあると思います。
自ら主体的に受講できるので早く終わらせてしまおうと思えばいくらでも早く終わらせられます。
私は世界史受験でしたが、世界史というのは覚える量が多く(通史、文化史、地域史、戦後史、テーマ史など)、他の予備校では本番の1週間前に全範囲が終わるということも普通にあります。
本番まで残り1週間では何周もできないですし、過去問などやることが沢山あってなかなか手がつけられません。
それにいくら自分が全範囲終わってなかろうと模試は全範囲から出題されます。

そんな中で夏に世界史の全範囲を終わらせていた私は、早いうちから何周も復習ができました。
それに今の高3生を見れば分かりますが、本番が近くなると、過去問演習などやることが増え、受講に割ける時間が少なくなります。
早期に受講を終了していれば、本番前焦ることなく過去問演習に集中できます。集団授業ではできないですよね。

・ひとりひとりのレベル、目標に合わせられる

・自分の理解度に合わせて90分ふり活用できる

・毎日授業を受けられるので理解も進み、定着度も高い

というメリットが高速学習にはあります。

また東進には高速基礎マスターというコンテンツもあります。
これは単語などの暗記系を効率的に短期間で覚えてしまおうというものです。単語は基礎の基礎ですから、早めに終わらせておくことが大切です。

まだセンターまで時間があるから大丈夫と思うのではなく、次の模試までにはこの範囲まで終わらすというように短期的な目標を作って早期に受講終了できるように早め早めに進めていきましょう!