【受験生向け】私の受験体験談③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 1月 19日 【受験生向け】私の受験体験談③

担任助手の山口です。

今日はセンター試験本番です!

夏休みのグループ面談で、今はまだ余裕があるけど、センターまで残り14日とか7日になる日が来るんだよ!
と言っていたのですが、1年というのは早いもので、ついにこの日が来てしまいました。

受験生の皆さん、今までたくさん努力をしてきたはずです。
その自分の努力を誇りに思ってください。
そしてその努力ができた自分を信じてください。大丈夫。きっとうまくいきます。

このブログを読んでいるときには試験は終わっているでしょう。理系の人は明日もあります。
センター試験がすべて終わってから自己採点をしましょう。私大理系、国公立志望の方、今日自己採点をしてはいけません。
気になる気持ちを抑えて今は明日の勉強に徹しましょう。

今日の試験を終えてそれぞれ思い思いの感想があると思います。
うまくいった人。そうでない人。
でも多くの人にとって本当の本番はここではありません。
一般入試や2次試験でしょう。
1つ言えるのは、

一喜一憂している時間があるなら勉強しましょう。

センター試験は通過点です。
あまり結果がよくなかった人は気持ちを切り替えて頑張りましょう。
もう2次しか残っていないのです。
やるしかないでしょう。

最後の努力です。
ゴールはもう目の前です。

私が好きな安河内先生の言葉に

努力は実力を生み、実力は自信を生む、自信は幸運を呼び、幸運は勝利をつかむ。

というものがあります。
努力すれば、これだけやったんだから大丈夫という安心と自信がつきます。
受かる自信がある人が本番強いと確信して言えます。
最後の最後。自信に満ち溢れて本番臨めるよう、悔いのない勉強をして下さい。