集中力を持続させる方法② | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2018年 1月 22日 集中力を持続させる方法②

 

こんにちは!

担任助手の宿谷です!!

今日、1月22日はカレーライスの日なんだそうです。

なんでも1982年に全国の小中学校の給食でカレーライスが出されたことに由来するそうです。

昨日の夕飯がカレーだったのでちょっと惜しいですね(?)

 

さて、本日も昨日に引き続き

「集中力を持続させる方法」

についてお話していこうと思います!

 

受験生はこの時期過去問を解きまくっていると思います。

少なくとも2科目を1年分、2年分、3年分解き、さらにその復習を…

なんてやっていると志望校の過去問といえど集中は切れやすくなりますよね

 

僕がこの対策として行っていたのは次の2つです!

 

・適度に休憩をはさむ

・過去問、模試を解く前のルーティンを決める

 

1つ目は昨日小嶋担任助手が言ってくれていたこととほとんど同じです。

2つ目のルーティンは僕が高校2年生の時にグループミーティングにいらした

東大卒のビジネスマンが学生の頃行っていたそうなので僕も真似してみました!

(詳しく覚えていませんが孫正義さんの元右腕なんて言ってた気がします)

 

その人は試験が始まる前には鉛筆の芯を1分間じーっと見つめて、

気持ちを受験モードに切り替えていたそうです。

ルーティンって和訳で「日課」の意味があるように

1度や2度やったくらいで身につくものではありません。

なので過去問を解くときや模試のときには必ず

手を合わせたときにできる人差し指の付け根のスキマの影の部分をじーっと見つめていました。

 

このルーティンを日々の学習にも取り入れて

「ここで集中力を上げる!」

という練習も兼ねつつ集中を持続させていました。

 

皆さんの学習の一助になればと思います!

受験生も高1,2生も色んな工夫をしながら学習を進めていきましょう!

 

明治大学 商学部3年 宿谷がお伝えしました!

---------------------------------------

新年度特別招待講習(分野別対策授業)
実施中!

東進の授業を無料で体験することができます!

苦手分野の対策や、

より伸ばしたい科目を学習してみませんか?

基礎レベルから応用レベルまで

自分に合った内容で授業を受けることができます。

内容:2講座(1講座90分×5回)無料

受講期間:1月14日(日)~4月10日(火)

↓↓お申し込みは下記リンクから!↓↓