過去問のすゝめ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 9月 3日 過去問のすゝめ

こんにちは。おげんきですか。

担任助手の松田です。

お久しぶりです。

夏なのか秋なのか分かりませんね。

暑かったり寒かったりと気温の変化が激しいので、体調の管理を気をつけてください。

私は暑いのも寒いのも嫌いなわがままGirlなので、

心地よい気温の日が増えてほしいです!!!

(ちなみに私の心はずっとGirlです。もう20歳越えているけど…)

 

さて本日のテーマは

「過去問のすゝめ」

です。

昨日と今日は文化祭という人が多いと思いますが、

文化祭が終わると行事も一段落になるのではないでしょうか。

そんな君たちに伝えたいのが、

過去問は早く始めよう!

ということです。

最低でも1回は9月中に1度は触れてください。

過去問は自分が解けるようにならなければならない目標レベルです。

「敵と戦うにはまずは敵を知ること」とよく言いますよね。

試験問題のレベルをしっかりと自分で解いて体感しておくことで、

明確な目標が持てますよね。

(問題を見るだけでなく、必ず解いてみてください!!!)

そうすると自分が何をやるべきなのかも明確になっていきます。

闇雲に勉強するよりも効率も上がっていきます。

ここからの勉強のquatityqualityともにとても大切です。

私の経験上9月10月は中だるみをしがちなので、

ここでもう一度気を引き締めていきましょう!

 

以上、首都大学東京4年松田がお送りしました。