学習アドバイス⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2018年 3月 18日 学習アドバイス⑤

こんにちは!久保田陸です~

先日、京都を観光してきまして

日本の侘び・寂の良さを実感し日々の疲れを取りました。

それと同時に感じたのが、外国人観光客のにぎわいです。

近年日本ではグローバル化の波が押し寄せてきていますが

その波がひしひしと伝わりました。

今、英語を勉強していると思いますが、ぜひ受験のためだけでなく

将来のためだと思って勉強してみてください。

はい、余談が過ぎましたが、今日話していくのは前回と引き続き

学習アドバイスです!! そして本日の教科は日本史です!

みなさんどうですか?日本史に限らず世界史や地理、政経などの選択科目に

勉強時間をあてられていますか? 

そうなんです、選択科目は主要三教科と違い、後回しにされがちな教科です。

確かに、主要科目とくに英語がまだまだという生徒には

英語を中心に勉強していってほしいですが…

なので今日はぼくが現役で使っていた『日本史』の勉強の流れ

を伝えていきます!!

まず考えを改めてほしいですが日本史は高校受験とは異なりただの年号暗記だけで対処できるものではありません。

日本史のすべてを普通の方法で暗記することはほぼ不可能であると考えられるからです。

ではどうすればいいのか。どうすれば覚えられるのか。

それは 理解→復習→暗記 という流れを踏むことで完成されます。

まずは理解。東進ハイスクールで日本史の講座を取っている子は是非その講座をがんばって

理解しながら進めてください。それ以外の生徒は、学校の教科書を使ってください!

そもそも理解するということですが、どうして事件が起こったのか、本能寺の変の発端は?

こういうことを自分の口で説明できるということです。

これが『理解』です。

次に復習です。

復習では、1問1答式にその日理解した分野をすらすらと解いていきます。

そこで解けない問題があれば理解ができていない可能性が高いのでもう一度その理解に充ててください。

この理解→復習の一連の流れを丁寧に繰り返すことで定着に繋がります。

以上が、僕が受験期でやっていた日本史のやり方です。

日本史はやればやるだけ伸びる教科です。コツコツやっていきましょー!!

立教大学 1年 久保田陸

--------------------------------

新年度特別招待講習 申込受付中!

内容:1講座(90分×5回)無料招待

受講期間:1月14日(日)~4月10日(火)

↓お申し込みはコチラ!下記バナーをクリック!↓

 

 

関西の実力講師!慎一之先生による

★ 英語特別公開授業 ★

が立川駅北口校で行われます!

定員制のためお早めにお申し込みください!

↓お申し込みはコチラ!下記バナーをクリック!↓