受験生応援メッセージ⑥ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2018年 1月 9日 受験生応援メッセージ⑥

 

こんにちは!

担任助手の宿谷です。

2018年ですね。あけましておめでとうございます。

年を取ると時間が過ぎるのが早くなるらしいですが、

新年が始まってもう1週間もたっているのかと思うと驚きです!!

受験生へだけでなく自分自身へも「1日1日を大切に」と言いたいです…

 

そんな僕の今年の目標は

自分についてもっとよく知る

です!

最近、今まで自分で知らなかった自分の1面がでてきました。

性格で場面によっては思っていたよりおしゃべりだったり、

体調的にカフェオレを飲むと気持ち悪くなったりといろいろです。

自分と向き合える時間があるのはこの学生としての最後の1年だけだと思うので

いろんなことに挑戦しながら、いろんな自分を知っていきたいです!

 

さて、それでは本日も

受験生応援メッセージ

を送りたいと思います!!

 

といっても、

伝えたいことは僕が前回書いたブログでほとんど言ってしまっています…

なおかつ今日までの担任助手たちとかぶる部分が多いです。

常にポジティブにとか、自信を持ち続けることとかです

なのでみなさんにぜひやってほしいと思うことだけ書きます!!

 

これも前回伝えたことですが、

僕はかなりダラダラした人間なので

勉強をしなくなるという直前期に最もなってはいけない状態になりました…

 

なので全員が全員これに当てはまるわけではありませんが、

僕は直前期に

「人の目がある状態で学習をする」

「客観的に自分の努力を伝えてくれる人の近くで学習をする」

という2つのことをやってほしいです。

学校や東進に来て学習するのが一番手っ取り早いと思います!

 

2つを通して

「常に周りを意識かつ客観的に自分を見ながら学習をする」

ということができるのであれば大丈夫ですが、

だらだらしてしまうという自覚のある人にはやってほしいです。

特に学校に行かなくてもよくて、家に引きこもりがちになってしまう人にはおすすめです。

 

人の目があるところで学習すれば、

ある程度試験の状況をシミュレーションできます。

さらに自分の努力を客観的に見てくれる人がいれば、

プラス面でもマイナス面でもメリットがあります。

自分が多く努力をしていれば自信がないときにでも

学習量が少ないのに満足してしまっているときでも

その事実を伝えてもらえます。

 

これらはできる人には当たり前かもしれませんが

できない人には直前期で死活問題となります。

何度も言いますが、

少しでも「ダラダラしてしまう」という自覚がある人はぜひ実行してみてください!!

 

この対策以外にも自分の性格を考えて、

自分なりに学習を続けられる環境を作りましょう!!

 

みなさんの合格を心から祈っています!!

 

 

以上、明治大学 商学部3年 宿谷がお送りしました!